30代からの美容ケア

気になる商品を紹介していきます。

肌の仕組み~ターンオーバーとは~

前回はターンオーバーが早くなる原因を書きましたが、逆にターンオーバーが遅くなる原因もあります。

「ターンオーバーが遅くなる」とは角質が自然と剥がれ落ちずに肌にとどまってしまうことです。毛穴がふざがれてしまい、古い角質や皮脂が外に出ることができず詰まってしまいます。古い角質が排出されないことで肌がくすんで見えてきます。

ターンオーバーが遅くなる原因のひとつは老化です。年齢を重ねるごとに細胞の働きがどうしても弱くなり、ターンオーバーの周期が長くなってしまいます。30代~40代になると45日程度かかるといわれています。

   f:id:shuu10:20170416034256j:plain

年齢とともに傷も治りにくくなっていくのはそのためです。肌がくすむ、シミが増えた、濃くなったなどの症状があらわれたらターンオーバーの機能が低下しているサインだと、見逃さないようにしましょう。

他には、毎日洗顔しないことによって古い角質や皮脂が肌に残ったままになってしまったり、油性の化粧品を多く使ってしまい、油でくっつけてしまうということがあります。なんとなく、肌がごわごわすると感じたときは使用頻度を少なめにしたほうが良いかもしれませんね。

ターンオーバーを正常に機能させるためには、原因を知ることで対策をとることができます。自分にあったスキンケア商品を選んでいきましょう。

                  f:id:shuu10:20170416035348j:plain

※ちなみに、このターンオーバーは表皮の部分で行われているのですが、実は真皮の部分ではターンオーバーは行われていません。肌に傷を負ったときに、ぎりぎり表皮でとどまってくれれば、いずれターンオーバーでかさぶたとなり、剥がれ落ち、傷は消え、きれいな肌に生まれ変わります。深い傷(真皮にまで傷が到達)を負ってしまうと後が残ってしまうのはそのためです。

次はこの真皮について調べていきたいと思います。