30代からの美容ケア

気になる商品を紹介していきます。

肌の仕組み~ターンオーバーとは~

 前回、肌は「表皮」と「真皮」の部分が美容の面で気にする所ですよ、と書かせていただきました。

今回はもう少し深堀していきたいと思います。

「表皮」とは角質層を含む4つの層でできています。よく耳にする角質層は一番外側(肌の表面)の部分になります。

   f:id:shuu10:20170417132547j:plain

 

「表皮」では常にターンオーバーが行われています。

ターンオーバーとは、簡単にいうと約4週間(28日)かけ、肌が生まれ変わることをいいます。はじめの2週間では新しい細胞を生み、余計な成分を分解し、保湿成分(セラミドやNMF)を作っていきます。残りの2週間で水分の保持や外部刺激から守るバリア機能の役割を行う角質層へと成長していきます。最後は垢やフケとなり剥がれおちていきます。

このターンオーバーがうまくいかないとニキビや肌荒れの原因となってしまいます。

肌を綺麗にしようとたくさんの化粧品を使っても、このターンオーバーが正常に機能していなければ肌は綺麗になりません!!

角質層は外部環境に直接ふれると、その日1日働いたら洗浄時に垢として剥がれ落ちていくようにできています。しかし、その角質を早く剥がしてしまう要因があります。

それは紫外線や乾燥、酸化です。それだけではありません。使用する化粧品に含まれている成分や使用方法によっても角質を早く剥がしてしまいます。顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりすると、角質が早く剥がれ落ち、未熟な角質たちが肌をバリアしようとするため、ターンオーバーが早くおこなわれるようになってしまいます。未熟は細胞は水分保持量も少なく、乾燥しやすくなり悪循環となってしまいます。

ターンオーバーは約28日周期が良いといわれています。早くても、遅くても肌荒れの原因となってしまうため、ターンオーバーの周期を維持するお手入れが必要であるといえますね。